忙しく、疲れた毎日を送る女性に。「おりもの」の悩みを解消するための方法とは? | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

忙しく、疲れた毎日を送る女性に。「おりもの」の悩みを解消するための方法とは?

家事や育児、仕事などに忙しい現代の女性たち。そんな女性たちの悩みのひとつに、「おりもの」の臭いがあります。女性器から排出された分泌物に、臭いがあるのはとくに問題ありません。しかし、生活環境におけるストレスなどからくる心身の疲れから、通常よりも「おりもの」の臭いがきつくなったり、量が増えたりしてしまうこともあります。

ストレスからくる、疲れによる女性器への影響

女性の社会進出が当たり前になっている現在では、男性と同じように、勤め先などでストレスを抱え込んでいる方も多くいらっしゃいます。そうしたストレス状態が蓄積されていくことにより、心身が疲れてしまいやすくなってしまいます。すると、女性器からの「おりもの」の臭いに、いつもよりも臭さを感じてしまう、あるいは量が増えてしまった、などといったことに繋がるケースもあります。「おりもの」の臭いや量が増加してしまう原因には、ストレスからくる疲れから生じるもの以外にも、性病の可能性もあります。そのため、明らかに通常とは異なる状態で不安をお持ちの方は、産婦人科などで一度、診察してもらうことも検討された方が良いかと思います。

女性器膣内分泌物に、異常を感じたら

産婦人科などの医療機関で診察を受けてみても、性病ではなかった場合、「おりもの」の臭いや量の増加は、心身に受けたストレスからきているものであると考えられます。ストレスの溜め込みを自覚しているようであれば、その発散や解消に努める必要がでてきます。過度なストレスの蓄積は、心身への疲れだけではなく、免疫力の低下の原因ともなりうるため、できる限り早急な対策をとることが求められてきます。生活習慣を見直してみて、不眠がちな方であれば睡眠の質を高めるために、ストレッチやウォーキングなどといった適度な運動習慣を身につけていくことで、心地良く眠るための工夫が必要になってきます。また、身体を冷やさないようにするといったことや、偏った食習慣の改善といったことも、免疫力の向上を図ることができます。

膣内の自浄作用の低下による、違和感への対処

免疫力がアップすれば、当然のことながら健康体を維持していくことができます。そうすれば、雑菌の繁殖をおさえられ、膣内の善玉菌の動きが活発化し、女性器から排出される「おりもの」の臭いや量も、正常に戻る可能性も高まっていくことでしょう。「おりもの」の臭いや量の悩みは、女性器膣内の自浄作用が低下することによって引き起こされてしまうこともあります。自浄作用の低下は、ストレスとも密接な関係があるので、できるだけそれを溜め込まないような生活スタイルをつくりあげていくよう、心がけてください。また、とくに「おりもの」の臭いが気になっている方は、膣内専用の洗浄剤を使用するようにして、入浴時にお湯で膣内を洗ったり、ビデの過剰な使用などはしないよう、注意する必要があります。

まとめ

多忙で疲れた日常を送っていくなかで、ストレスの溜め込みは免疫力の低下をもたらし、「おりもの」の臭いや量に違和感が現れてしまうこともあります。ストレス発散とともに、規則正しい生活習慣を築きあげ継続していくことにより、膣内自浄作用の正常化を期待できます。それともうひとつ、専用の洗浄剤を使って、膣内を清潔に保ち続けていくようにすることも、忘れないでください。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP