おりものの量が極端に大量なのは病気のサイン? | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

おりものの量が極端に大量なのは病気のサイン?

おりものが出ること自体は健康な証拠ですし、量にはもともと個人差があるので多少の差は気にする必要はありません。ただし、普段の自分の状態を明らかに逸脱した量であったり、急に増えたり、状態が異常だと感じたりした場合には、膣内に異常が起こっている可能性もあります。

おりものの量には個人差がとても大きい

おりものの量が多いという悩みは、実はとても多いと言われています。誰にも相談できないために異常があるのではと心配になっている人も多いようですが、量には個人差が大きく自分だけの感覚でしか測れないため、正常かどうかのチェックは難しいものです。パンティライナーなどで対処出来るのであれば、悩む必要はないということをまずは知っておきましょう。大事なのは普段の自分の状態をちゃんと把握していて、そこから急激に変化するような異常が起こった時にちゃんと気付けることです。おりものが出ることは健康の証ですし、膣内を雑菌などから守っている自浄作用がきちんと働いている証拠です。量はホルモンの分泌に比例して日常的に変化するもので、たとえ何の異常もなくても量は変化するものだということを覚えておきましょう。

もし量だけが大量に変化した場合には

日常的なホルモンの影響以外で量に変化があるのは、細菌感染があった場合や膣内に異物があった場合です。月経周期に関係なく量が急激に増えたという場合には、速やかに婦人科を受診しましょう。ただし、単に量が多いだけで他の異常が無い場合は、子宮膣部びらんという症状の可能性もあります。子宮膣部びらんは表皮の欠損ですが、病気ではなく成人女性には80%程度に見られる症状です。おりものの量が増加したり、刺激に弱く不正出血しやすい特徴がありますが、正しい診断を下すためにも、疑いがある場合には婦人科で必ずがん検診も一緒に受けましょう。

色や臭い、違和感など他の異常も伴う場合には

前述の通り、子宮膣部びらんであれば特に病気ではなく、治療の必要もないのでひとまず安心です。おりものの量は増えますが、うまく工夫して付き合って行けば良いでしょう。ただし、子宮頸がんの初期段階との見分けが難しいため、必ず婦人科で診察を受けてきちんと安心したいですね。また、大量になるだけでなく、色や臭いに変化があったり、かゆみや痛みなど他の感覚異常も伴っている場合には、性行為感染症の疑いもありますので、必ず検査を受けましょう。本人にとって大量だと感じられても、状態にはまったく異常が無い場合もあります。あまり神経質にならずに、きちんと検査を受ければ安心出来ることがたくさんあります。

まとめ

おりものが大量だと本人が感じていても、それは主観でしかなく、実際には何ら異常のない場合も多いものです。量には個人差があり、一概に言えないという事はあらかじめ頭に入れておきたいですね。基本的にライナーなどでカバー出来る範囲なら、量としては問題ではありません。異常を感じた場合は婦人科を受診して、きちんと安心出来る環境を作りましょう。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP