おりものの役目とストレス及び食べ物における臭いの関連性 | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

おりものの役目とストレス及び食べ物における臭いの関連性

おりものは女性の体内から出てくる液体を指していて、健康維持のためには必要なことだとされています。ややネバネバしていて、無色や白に近い色をしているという特徴を持ちます。おりものの臭いにおいては、しないものもあれば少し臭うものも存在しています。

どのような働きを持っているのか

思春期の女性における悩みの一つとしても、おりものに関する悩みが挙げられています。下着にかような液体が付着することがあり、それに関して悩む人もいるのではないかと思われます。しかし、以上のような現象が起こったとしても問題がないと言われています。それどころか、重要な働きを持っていて、感染症の予防や細菌の繁殖を抑えるという役目を果たしています。また受精のサポートも行うとされていて、精子が卵子の元へ移動する際に精子を包んで移動しやすくします。また同じ液体でも分泌量などの点で個人による差があるというところも特徴の一つです。

ストレスは臭いと関わりを持っている

おりものは臭いを発することがあり、それにおいて悩みを抱える人が存在しています。気になる臭いですが、これが発生する原因にストレスが挙がっています。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがあり、これらはおりものに影響を与えます。臭うというのはホルモンバランスの乱れが原因となっています。仮にストレスが溜まっていて、それが気になるのであれば趣味に興じるのが勧められます。また発しているということは、現在の状況が好ましくないことを意味しているので、自分の生活習慣を見直すチャンスでもあると考えられます。

食生活でおりものの状況を改善させる

普段摂取している食べ物を見直すことは臭いの改善につながるとされています。甘い食べ物を摂取し過ぎないように心掛けることがそれに当てはまります。甘いとされる食品には糖分が含まれていますが、この成分は細菌の餌でもあります。この食べ物を多く摂取すると餌が増えることになり、体内に細菌が増えやすい環境になります。細菌が増殖することによって、おりものに臭いが発生するようになるという訳です。逆を言えば、臭わないようにするには甘い食べ物を食べ過ぎないことが重要になります。メカブを食べることや動物性の脂肪を含む食べ物をあまり摂らないようにすることも予防策になっています。

まとめ

おりものの発生で不安に感じる人もいますが、この液体自体は体に良い影響を与えるので気にする必要はないと言えます。ただ、嫌な臭いがする場合などは異常の可能性があるので、改善策を講じておくことが必要になります。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP