生理前と後のおりものの臭いと付着する理由 | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

生理前と後のおりものの臭いと付着する理由

おりものから発生する臭いは女性が抱えている悩みの一つだということができます。正常である場合のおりものはあまり臭わないか、臭うとしても生臭いものではないとされています。また生理前と生理後の時期で分泌された液体が臭うというケースが存在します。

生理前のおりものの特色と茶色の場合の注意点

生理前に出される液体の特色ですが、色は白に近い色あるいは無色であることが一般的です。また粘り気が少しあり、臭いを発することもありますが、臭いにおいては少しであれば大丈夫だとされています。ちなみに、直前になると分泌される量が増加して、臭いも強くなると言われています。ただし、液体の色が茶色である場合は気を付けておかなければならないです。そもそも、茶色のものが出る要因として体調が良くないことが挙げられていて、また自律神経に乱れが生ずることで生理前に体調が悪いという状況が生まれます。体調不良だと病気に罹りやすくなるので、そうならないようにこの時期には十分に寝ることが大切です。子宮の中で出血が起こった場合などでも液体の色が茶色になる場合もあります。

生理後に出されるおりものが持つ特徴

生理後でもおりものが出される場合がありますが、水っぽくなっていてサラサラの状態になっています。直後であると血液が混じっているために、赤っぽい色または茶色に近い色になることもあります。また生理後間もない頃だと出てくる量が少なくなっていて、臭いは酸っぱい感じがする点も特徴として挙げられています。しかし、月日が経てばおりものの分泌量が増加するようになり、臭いもあまりしなくなります。ただし、分泌された液体の状況が普段と違っているのであれば、病気に罹っている可能性があるので病院へ行くのが賢明な手段です。

おりものに臭いが付着する原因

分泌された液体が臭う原因は病気や体調不良以外にも存在していて、ウォシュレットの過剰使用もその一つです。気になるからという理由でウォシュレットを多く使い過ぎると必要な菌まで洗い流されて、逆効果になります。また石鹸で何度も洗うという場合でも同様のケースが起こり、菌の発生を助長することになります。従って、ウォシュレットの使い過ぎを控えたり、石鹸で何度も洗ったりしないことが臭わないようにするためのテクニックだと言えます。着用している下着を替えることも臭いを防ぐことにつながるので、実践してみる価値はあると思われます。

まとめ

出てきた液体が臭うと周辺にいる人にも及ぶこともあるので、憂鬱な気持ちになるのは無理もないことだと言えます。臭いを改善するためには、医療機関へ行って原因を見つけ出すのが得策です。また生理の時期で出される液体も体の調子を確かめる上で重要なのでチェックするようにします。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP