更年期を迎えた女性へお伝えしたい。「おりもの」の臭い改善策 | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

更年期を迎えた女性へお伝えしたい。「おりもの」の臭い改善策

若い世代の女性だけではなく、更年期を迎えた方にとってみても、「おりもの」の臭いは気になるものでしょう。しかし、この女性器から排出される分泌物というものは、デリケートな子宮や膣内を、雑菌などの汚れから守ってくれ、膣内を清潔にしてくれています。

歳とともに失われていく膣内の自浄作用

膣内を清潔に保つ役割を持つ「おりもの」ですが、お歳を召して更年期に入ると、この分泌物の排泄力が低下してしまう傾向にあります。そのため、これまでは女性器膣内が雑菌に侵されてしまわないようになっていたとしても、加齢とともに、その部分を清潔にしてくれていた自浄作用が弱まってしまいます。そうなると、膣内に雑菌が繁殖してしまいやすい状態となり、それが結果として悪臭を放つ臭いの原因になります。また、膣内の雑菌が増えすぎてしまうことによって、膣に炎症を起こしてしまう可能性もあるため、とくに更年期の女性は今まで以上に、腟内部を清潔に保っていくという意識づけが必要となってきます。

デリケートゾーンは、日頃から清潔に保つことが大切

更年期の女性に限りませんが、膣内部の雑菌の繁殖を抑えるためには、日頃からのケアが大切なこととなってきます。ただし、「おりもの」の臭いが気になり、膣内部を清潔にしたいからといって、せっけんなどを用いて洗浄することは、かえってデリケートな膣にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。また、ビデの過剰な使用も同様にして、腟内部への強刺激となりますので気をつけてください。「おりもの」の臭いを改善させるためには、婦人科医による膣内洗浄を受けるか、もしくは膣内専用の洗浄剤を使用することによって、臭いの元となる原因菌の排除が必要となってきます。

免疫力向上を妨げる、過剰なストレス溜め込みに要注意

「おりもの」の状態は、女性ホルモンの影響を多分に受けることとなります。更年期の女性になると、この女性ホルモンの分泌される量が減っていってしまいます。そうなると、「おりもの」自体の総量も減少していきますが、それにともない、色や臭いに変化が現れてきます。膣内部では、悪臭を抑えてくれる作用を持った善玉の乳酸菌が雑菌と戦っています。しかし、更年期になると、先述の女性ホルモンとともに、この善玉菌の数も少なくなってしまいます。そのため、更年期世代の女性は、身体や膣内の免疫力を高めるために、ストレスを溜めないように心がけたり、生活リズムのバランスに気をつけたりした暮らしを送っていくことが重要になってきます。

まとめ

更年期に入った女性には、様々な違和感が心身へともたらされ、各症状にお悩みになっている方も多いと思います。「おりもの」の臭いもそのひとつとしてあげられますが、必要以上に気にされることも、ストレスとなってしまいます。ストレスは、免疫力向上にとって大敵です。臭いが気になるその際は速やかに、婦人科での膣内洗浄や、専用洗浄剤などを使用してその部分を清潔に保ち続けていけば、悪臭は改善されていくでしょう。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP