加齢によって女性ホルモンが変わるとおりものや臭いも変化する | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

加齢によって女性ホルモンが変わるとおりものや臭いも変化する

おりものは、加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少してくると、色や臭いに変化が起こります。こうした変化は更年期に伴う身体の変化であるため元の状態に戻すのは難しいですが、知っていればある程度の対策は可能でしょう。

なぜ加齢によって状態が変化するのか

おりものの気付きやすい変化は色と臭いです。今までとは明らかに違うと感じる女性も多く、それが悩みになってしまう人も多いようですね。これは女性ホルモンの減少と関係することで、雑菌や病気から子宮を守るおりものを分泌させる力が弱まるために、今までより膣内の自浄作用が弱まることが原因です。若い時と同じような感覚で生活を続けていると、今までは平気だった雑菌にも負けてしまうようになり、知らない間に菌に侵されてしまう事も考えられます。雑菌が増殖しすぎると膣内で炎症が起こり、膣炎になる場合もあるので、今まで以上に自分の健康状態には注意が必要ですね。

気になる臭いはどうやって対策すればいいか

おりものの色の変化を元の状態に戻すことは難しいですが、臭いに関しては多少の対策は可能です。とは言っても、元々ある程度臭いがあるのが正常ですから、まったくの無臭にすることは出来ません。正常な臭いの範疇にするために大切なのが、膣内にあるデーデルライン桿菌という乳酸菌です。この菌は善玉菌の常在菌で、膣内の雑菌を抑えてくれる働きがあります。嫌な臭いは他の雑菌が作っていますので、大事なのはデリケートゾーンに雑菌を増やさずデーデルライン桿菌を減らさないケアになります。特にデリケートゾーンには雑菌が増えやすいですし、アポクリン線というワキガと同じ臭いを発生させる汗腺も集まっていますので、不衛生はもっての他です。

雑菌は阻止!でも善玉菌は減らさないように

雑菌を増やさないために一番いいのは、洗浄して清潔にすることです。おりものを気にしてライナーを使用している人も多いですが、ライナーやナプキンなどは、かなりこまめに交換しなければ逆効果となります。また、毎日お風呂に浸かることも重要ですが、神経質になってデリケートゾーンを洗いすぎて善玉菌まで無くしてしまうと逆効果です。刺激の強いボディソープを使うのはNGですし、頻繁にビデを使用するのも絶対にNGです。デーデルライン桿菌は、ストレスで女性ホルモンが乱れると減少してしまう事も分かっています。更年期の諸症状を緩和するためにも、ストレスは天敵ですので、ゆったりした気持ちで生活出来るようにしましょう。

まとめ

加齢によるおりものの臭いの変化は、女性ホルモンの分泌減少によるものなので、ある程度は致し方ないことです。対策としてはデリケートゾーンを清潔に保つことですが、洗いすぎると善玉菌のデーデルライン桿菌まで死滅してしまい、逆効果になってしまうので注意しましょう。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP