おりものはなぜ排卵期に増えるのか | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

おりものはなぜ排卵期に増えるのか

女性の体はとても不思議です。排卵期になるとおりものの量が増えたり、様々な現象が起きます。そんなおりものの量と排卵期の関係についてここでは詳しく紹介をしています。是非、しっかり覚えて参考にしてみましょう。

おりものの正体とは一体何なのか

女性の体の中から、おりものと呼ばれる分泌液が出ます。そんなおりものは何なのか知らないという人も意外と多くいるのではないでしょうか。このおりものとは子宮や膣から出る分泌液であり、子宮や膣の中に入り込んだ雑菌を排出する役目があります。この分泌液は毎日体の中から出ているものであり、日によって量も違ってきます。臭いは無臭の場合もありますが、酸味がかった臭いがする場合もあります。なぜ酸味がかった臭いがするのかというと、膣内を酸性に保つことで、雑菌の繁殖を防ぐ効果を発揮するからです。この様に体の中で大切な役割をしています。

量が常に一定ではないのはなぜか

最初にあげましたが、おりものの量は日によって変化します。その中でも量が著しく増加するのが排卵期です。この時期は、卵子が放出される時期であり、一番妊娠しやすい時期になります。この排卵期に精子と卵子が出会うことで妊娠へと進んでいきます。その為、この排卵期に量が増えることで、精子を卵子へスムーズに送り届けることが出来、精子と卵子の出会う確立を高める効果があります。また、この排卵期は粘り気のあるものに性質が変わり、受精を手助けする役割を果たしています。その為、この排卵期に量が増え妊娠しやすい体質へと変化していきます。

体の中で大切な役割を果たしているおりもの

排卵期に量が増えて妊娠しやすい状態をつくり、雑菌を体の外に排出したりとおりものは体の中で活躍をしています。毎日出るものですから、時に臭いが気になったり、汚れが気になったりする場合があるかもしれません。そんな時は、入浴時にきちんと汚れを落とし清潔を心掛けましょう。また、あまり無理に洗ったりせずに、優しく洗いあげましょう。排卵期の女性の体は様々な変化があります。そのことをしっかり理解することで、上手く自分の体と付き合っていくことが出来るでしょう。大切なことは、まずは自分の体や仕組みを知るということではないでしょうか。

まとめ

おりものの量と排卵期はとても深い関係があります。しっかり自分の体のことを理解することで、その性質をうまく利用することが出来ます。毎日体の中から排出されるものですから、是非上手に付き合っていきましょう。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP