女性のおりものの特徴と気をつける腹痛があります | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

女性のおりものの特徴と気をつける腹痛があります

男性と違って女性の身体はデリケートに作られていますが、その中でもおりものは膣や子宮の出口で作られる分泌物となります。量が多いという人もいますし、なんとなく腹痛が起きている気がする人がいますので、それぞれに悩みに感じることもあります。

ホルモンの影響によってなっています

女性にとってのおりものは生理周期に関わっていることから、毎月のようにパターンとなっています。女性ホルモンの影響で発生することから、ひどく辛いという人もいますし、そんなに気にならないという人もいますので、人によって違いがあります。また量や状態も変化することから、自分の体調が大きな影響を及ぼしていることもありますので、気になる人は習慣化していることをチェックしてみることです。そして排卵期や生理前などは、おりものの量が増えやすい時期となっているので、ライフスタイルなどを考えて行動をすることが大事です。

早めの受診によって対策が取れます

気をつけたいことには、腹痛を伴う場合になります。病気の可能性があるために放置をしておくというわけにはいかないこともあります。クラミジア感染症による、クラミジア頚管炎を起こしていることも考えられることから、感染や悪化することを防ぐことです。性交渉によって感染する性感染症となっていることから、恥ずかしくて検査にいけないという人も少なくありません。しかし、このような症状があるときには、早めに婦人科を受診することによって二次感染や悪化することを防ぐことができます。今ではインターネットでも情報は入りますので、近くのクリニックを探すことです。

発熱することもあるために注意です

もし、クラミジア感染症ということになると、症状としては発熱することもありますので、注意が必要です。放置して炎症がひどくならないようにすることは、自分の身体をいたわるときには大切になります。不妊症の原因となる病気にかかることもありますので、将来的なことも考えてクリニックで調べてもらうことです。腹痛ということでは、ただのお腹の痛みということではなく、女性特有の症状を考慮していくことになりますので、デリケートに扱うことになります。また婦人科で感染が認められれば、抗生剤を内服することになりますので完治するまで治療します。

まとめ

女性特有のおりものはお腹の痛みなどがあることがありますが、そのまま放っておくのではなくクリニックで検査をして感染症であれば治療をすることです。また、早期に対処することで二次感染なども防ぐことができます。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP