おりものの臭いや茶色などが気になる!基礎知識を身に着けよう | おりものの臭いにサヨナラ!正しいケアと厳選ケアアイテム紹介ナビ

alt_02

おりものの臭いや茶色などが気になる!基礎知識を身に着けよう

おりものって、普段何も意識をしないで生活をしていると、ふと臭いや下着につく色が気になったりしませんか。あまりにも臭いがきついと、病気なのではないかと不安に思う事もあります。ですが、基礎知識を身に着けておけば、事前にきちんと対策を打つ事が出来るんですよ。

重要な役割について知っておこう

おりものとは、子宮や膣、汗腺からの分泌物が混じりあった、粘り気のある液体の事を指します。初潮から10代にかけて増加する傾向にあり、20代から30代が最も多いと言われています。そして、40代を過ぎたあたりから、徐々に減少していき、閉経をすると一気に量が減るんです。そんなおりものは、実は汚いものでは無く、膣を通って細菌が体内に入るのを防いでくれる役割を持っているんです。また、精子が子宮に到達する役割も果たしてくれることから、実は受精を手助けしてくれるんですよ。ですので、別におりものがあるからといって、それだけで病気か何かだと決めつけないようにしましょう。

正常なのか異常なのかを見分けるポイント

おりものには通常、臭いがあって当然のモノです。ですが、その臭いがどんなものかによって、正常なのか異常なのかというのを判断する事が出来ます。まず、正常なものは、無臭か少しすっぱいような臭いがします。その理由は、膣の中には常在菌が居て、その菌が膣の中で乳酸を分泌します。ですので、それが原因で少しすっぱく感じるんです。ですが、細菌の影響で臭いが強くなった場合や、明らかに変だと感じる場合には、何かしらの異常のサインが出ている可能性があります。その場合には、すぐにでも婦人科を受診するようにしましょう。

おりものの色の違いにも気を付けよう

正常なおりものの場合には、色が透明か少し白濁したような半透明の色が下着に付着します。しかし、実際に外陰部までに到達する時には、半透明ではなく、少し黄色っぽいような色になる事もあるでしょう。これらの色の場合には、全く異常は感じられませんので、安心して下さい。ですが、おりものの色が黄緑色やピンク色、茶色といったような、明らかにおかしい色味をしている場合には、何らかの病気になっている可能性があります。特に茶色やピンク色の場合には、血液が混ざっていることも疑われるのですが、見た目だけでは判断をする事が出来ません。必ず一度、婦人科に行って診てもらうようにしましょう。

まとめ

おりものの臭いや茶色などの色には、正常なものもあれば異常なものもあります。体調の変化に気付くためにも、日頃からきちんとおりものを見る習慣を付ける事が大切です。また、少しでも異常を感じた場合には、恥ずかしがらずにきちんと婦人科を受診するようにしましょう。

オススメ記事

インクリア

膣に挿入してワンプッシュするだけで、気になる臭いやおりものの不快感を軽減できるデリケートゾーン専用ケア用品、それがインクリアです。一回使いきりなので衛生的。挿入時の痛みもないため気軽に使えるのが魅力になっています。

イビサデオドラント

医薬部外品としても認定されているイビサデオドラント。ミスト状の液体を患部に噴霧するだけで、生理やおりもの特有の臭いが気にならなくなります。デリケートゾーンに使う方が多いですが、脇や胸元などどこにでも使えるので全身に良い香りをまといながらお出かけ可能です。

TOP